2019年6月16日 (日)

6月23日(日)の営業

6月23日(日)の営業を14時までとさせていただきます。

よろしくお願いします。

2019年6月15日 (土)

「還暦祝いに平日ゴルフ」他

6月10日に60歳になったので、6月14日に平日還暦ゴルフをしてきました。

Dsc_0117

スコアは前半43の後半42で、85でした。

ショットの調子はかなり良かったのですが、アプローチとパターがもう少しですね。

 

最終ホールのセカンドショットが1.5mに付く会心のショットだったのに、バーディが取れなくて残念!

 

後半の6番ホールで前が開くのを待っていたら、なんと50メートルほど前を「子狸」がトコトコと歩いていくではないですか!

写真撮りたかったのですが、間に合いませんでした。

でも癒された!!

 

さて、心筋梗塞を発症してから7ヶ月、退院してから8ヶ月となります。

カテーテル、冠動脈バイパス手術と、危ない橋をなんとか渡りきり、テニスやゴルフを以前と変わりなくとは行きませんが、楽しむレベルにまで回復できました。

あと何年生きられるかは分かりませんが、楽しく過ごしていければ幸いです。

 

そして、処方される薬が1種類減って、6種類になりました。

Dsc_0119

「ワーファリン」が無くなったので、これからは禁食だった「納豆」が食べられるようになりました😄

 

でも毎朝薬を飲む時に、病気なんだから気をつけなきゃ・・・、と思う今日この頃です。

2019年6月11日 (火)

7月の営業予定

7月の営業予定です。

7

2019年6月 1日 (土)

SRIXON CZ100SにAddiction125を2本張りで張る【動画】

SRIXON CZ100SにAddiction125を2本張りで張っているところを動画にしました。

 

このラケットは太る方向に変形するので、クロスのテンションを上げて対応しました。

うまく変形を戻して張ることができました。

2019年5月19日 (日)

6月の営業予定

6月の営業予定です。

6

2019年5月10日 (金)

フォアハンドはパームアウト、片手バックハンドは?

先日、フォアハンドのワイパースイングについて書いた時に、パームアウトの事を書きましたが、では、片手バックハンドはどうなるのかについて書いて見たいと思います。

 

片手バックハンドのトップスピンのグリップで握った時に、グリップの打球面側(表側)に手のどこが来ているのかを見てみましょう。

私の場合はセミウエスタングリップで握っていますので、ナックルの指側がグリップの表側と同じになります。

この部分がずーっと外を向いているようにして振るのです。

そう、バックハンドのトップスピンは私はナックルアウトで振っています。

このナックルの部分を外に向けたまま前腕のプロネーションとスピネーションをして、バックハンドのワイパースイングをしています。

 

ともあれ、片手バックハンドで面が安定しない方は、ナックルアウトを試してみてはいかがでしょうか?

2019年5月 4日 (土)

Baborat SG Spiral Tek130のブラックカラー

新たにBaborat SG Spiral Tek130のブラックカラーを在庫しました。

Dsc_0113_1

最近黒色のフレームが増えてきているようなので、黒に黒で精悍な感じが出せるかもしれませんね。

2019年5月 3日 (金)

フォアハンドストロークのワイパースイングについて

4月30日と5月1日の2日間、テニスライズ河合校長のオンコートレッスンのアシスタントをしていました。

そこで、「フォアハンドがイップスになってしまったので何とかしたくて参加しました」という参加者の方がいらっしゃいました。

 

どうもスクールのコーチに「フォロースルーで面を被せるように」との指導を受けているとの事でした。

ええ、実は私も面を被せるように打っていてフォアハンドがイップスになった事があるのですよ。

それを克服出来たのが手前味噌ですが、テニスライズの「コアスイング」の中にある、面を起こしながらフォローを取る打ち方だったのです。

このようにすると、振り終わりで手首が背屈するようになります。

要は手首のコックが抜けない打ち方です。

体のターンによってラケットに遠心力がかかりますから、スローで見るとラケットヘッドが前に出て被せたように見えますが、内部意識としては違うのです。

 

ワイパースイングは文字通り、拭き取る動きでラケットを動かします。

窓拭きをする時も手のひらを被せながら行いませんよね。

なので、腕の動かし方は後ろから前ではなくて、右利きの場合、右から左が正解なのです。

この動かし方ですと、ラケットヘッドがいつも体の前側にあり、背中側に行くことはありません。

ショートラリーが苦手な方は、腕を後ろから前へ振って打っている方が多いです。

 

体のターンに合わせて腕は右から左、フォアハンドがイップスになってしまったらお試しあれ!

2019年4月27日 (土)

CX200にRAZOR CODE(Carbon)125を緩ポリで張ってみた

ダンロップのCX200にテクニファイバーのレーザーコード(カーボン)125を35lbsで張ってみました。

Dsc_0113

打ってみた感想ですが、打球感はややしっとりした感じで、飛びはBRM Blast125よりも飛びます。

飛びということでいえばALU POWER125>RAZOR CODE125>4G SOFT125≧RMP Blast125になると思います。

RMP Blastはボックス系のラケットよりもピュアドラやピュアアエロのようなラウンド系の飛ぶラケットの飛びを抑えながらコントロールをアップするのに適したガットの印象です。

打球感の硬さはALU POWER125よりも柔らかく4G SOFT125よりも少し硬い感じです。

スピン性能は特段よくかかるとも、かからないということもなく、ポリとしては普通かな?

 

RAZOR CODE125の緩ポリとCX200との相性は中々です。

バボラのポリガットではブラストよりもプロハリツアーの方が合うのかな、でも在庫してない。

 

CX200にRAZOR CODE(Carbon)125は私の他に張る人がいないので、しばらくこれを使っていこうと思います。

ですのでガットインプレの記事は、しばらくお休みになるかと思います。

2019年4月20日 (土)

2019/4/20のテニス(CX200とRPM Blast125の組み合わせ)

本日のレッスンでCX200にRPM Blast125を35lbsで張ったものを使ってみました。

ボールはウイルソンのノンプレッシャーボールなので、何ともいえませんが、飛距離は4G SOFT125と同じくらいなような感じです。

打球感は4G SOFTの方が乾いた感じで、RPM Blastの方がしっとりした感じです。

打球感は硬いですが、飛距離ということではALU POWER SOFT125が一番出ますね。

 

RPM Blastは癖がなくて、どんなラケットにも合わせやすい感じです。

ハードヒットはしなかったので速いスイングでどうなるかは不明ですが、ボールが飛びすぎずにコントロールしやすいのではと想像されます。

 

ただ、CX200の黒いフレームに黒いガットは見た目が良いのは確かです。

«5月の営業予定

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット