« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月29日 (火)

日々雑感(5)サーブ考(其の1)

このサーブ考(其の1)なのですが、私は、サーブの事をこうやって考えていますという事であり、絶対こうだと言っている訳ではないです。が……肩に不安を抱えている方、今のサーブに納得されていない方は読んでみて下さい。
そしてあとは、ご自身で判断して下さいm(_ _)m
重ねて、なんだが難しい言葉が沢山出てきますが、骨格や筋肉の事を考えた結果なのでお許しください。


私は肩を壊した事があり、早いボールは投げられなくなってしまいました。(キャッチボールをしていてなのですが)
で、テニスのサーブをしても激痛が走る。そこで、どうやったら肩が痛くなく、良いサーブが打てるのかを自分なりに考えました。
それが下記の記述です。

さて、サーブのモーションを考える時、肩のゼロポジションは欠かせない所だと思うのです。

Wikipedia
によると『ゼロポジション(Zero Position)とは1961年にインドの整形外科医であるSaha.A.Kによって発見された、腕を脱臼や骨折などをしてしまった患者にあまり資金や手間(手術)をかけずに治療するために見つけた肢位の事である。定義は、肩甲骨の棘突起と上腕骨の長軸が一致し、肩周辺の筋収縮力が均等になり、自発的な筋力発揮では回旋運動が不可能になるポジショニングの事である』とある。

ここで重要な所は、
「肩周辺の筋収縮力が均等」と「自発的な筋力発揮では回旋運動が不可能」いう部分であります。
この、肩周辺の筋肉が釣り合ったポジションで、上腕骨を外旋(後ろに回す)→内旋(前に回す)動作をさせる。こうすると前腕骨がプロペラのシャフトとなり、前肢(橈骨と尺骨)がプロペラのように回り、しかもこの動きによって、前肢2本の骨が回内(内側に捻られる)→回外(外側に捻られる)運動をしてくれるのである。上腕に付いている筋肉は前肢を曲げたり伸ばしたりする筋肉で、上腕を回してはくれない。回すのは肩の筋肉。
この肩の筋肉を上腕骨の外旋運動で肩周辺筋肉を動的ストレッチするのだが、束で肩周辺の筋肉をストレッチする為には、筋肉が釣り合っているゼロポジションがいる訳です。そして自発的には筋力で回旋運動が出来ポジションなので、この動的ストレッチを強くするために、身体の回転や、膝の曲げ伸ばし等があり、そしてその筋反射内旋を導き出す
そして上腕骨の回転を活かすために、肘の角度90度が必要な訳です。
また、橈骨と尺骨の捻れは、肘の90度の角度と、コンチネンタグリップによって導き出されます。これが回内運動→回外運動となります。
この運動を効率良く行なう為には、肘が止まった状態で行なわなければなりません。非利き腕をしっかり身体に引きつけ、身体の回転を一瞬止めて、一気に上腕骨の内旋運動を行なってみて下さい。
上肢の筋肉も肩の筋肉も、複雑な動きが出来る様に、数多くの筋肉が付いています。が、ある一部を酷使すると、あっという間に傷めてしまいます。束で使うのが重要で、その為には、
リラックス動的ストレッチ筋反射が重要なのだと、私は思っています。

この動きは、実は
人間が生まれながらに持っている能力で、よちよち歩きの幼児でも、投げ方を教わらないのに玩具等を投げたりするのと同じです。試しに座ったまま、非利き腕(普通は左手ですね)でネコ招きみたいな感じでボールを投げてみて下さい。鋭いボールが結構投げられたりしますよ。


尺骨:小指側の骨

橈骨(とうこつ):親指側の骨
前肢:肘から先
上腕骨:力こぶが出来る所の骨ですね

2013年10月28日 (月)

RAZOR CODE 17(カーボン)

Dsc_0078Dsc_0079
テニス馬鹿な私は、先立つものが……なのに
RAZOR CODE 17(カーボン)を仕入れてしまいました

画像では分かり辛いと思いますが、色は黒というより、グレーっていう感じです。

ちょっと脚を怪我しちゃったので、インプレはチョイと先になりますm(__)m

2013年10月26日 (土)

EZONE Xi 100+POLYTORE SPIN(ピンク)

Dsc_0080
本日、お預かりしていたKさんのEZONE Xi 100にPOLYTORE SPIN(ピンク)を50Lbsで張りました。
DT値は35。ブルーが34だったので1ポイント高く張り上がりました。
ブルーの時より可愛い感じになりましたよ!

いい感じで張れていると思います
明日お渡しいたしますので、よろしくお願いします

2013年10月25日 (金)

POLYTOUR SPINとPOLYTOUR PRO打ち比べ其の2

雨上がりの濡れたオムニコートでテニスをしました。使用球はダンロップ・フォート。
当然ながらボールは水を吸って、重く、そして飛ばなくなります。
そうするとPOLYTOUR PROの方がフィーリングが良くなります。
乾いたボールの場合はPOLYTOUR SPINの方が良かったんですけれど、ボールが濡れて重くなった時は球離れの早いPOLYTOUR PROの方が合うんですね。
なるほどっと思わされる日となりました。

フォートより球離れの早いスリクソンやヘッドのボールの時はPOLYTOUR PROよりもっと球離れの遅いガットが合うという事でしょうか?
うーん、奥が深いです。

2013年10月24日 (木)

ルーセント

ルーセントのウォームアップを購入。

Dsc_0077_2
ソフトテニスではけっこう知られていると思うのですが、硬式テニスでは知られていないと思います。
なので、コートではまずカブる事はありませんね。
着心地はかなり良いです。

ルーセントのウエアを買うことにしたきっかけはプロテニスプレーヤーの宮﨑優実選手(ルーセントウエア着用)のファンで、応援する意味で買ったのがきっかけです。
Dsc_0071
このキャップのサインは、東京有明女子オープンの試合終了直後にお願いした時のものです。
気さくにサインしていただき、嬉しかったです。
でもサイン貰うとき、宮﨑選手美人なんで結構緊張しました
浜名湖の予選の写真を見たら左手首と右肩にテーピングされているよう。
また古傷を痛められたのかな? ちょっと心配です。

2013年10月20日 (日)

メンテナンス

テニスをする予定でしたが雨の日曜日、テニス馬鹿にはやる事が有りませんね。
なので、マシンのメンテをする事にしました。

先ずはテンションユニットの筐体を開けて、駆動チェーンとグリッパーユニット部が乗るバーにグリス・アップ。
グリッパーのベアリングにもグリス・アップ。

Dsc_0076
その後、キャリブレーションを取りました。
キャリブレーションを取るのはこれが2回目ですが、そんなにずれていませんでした。

このマシーンは11・22……77・88Lbsの11Lbs刻みの8箇所で取るようになっています。
キャリブレーション終了後55Lbsで引いてみましたが、大丈夫なようです。

2013年10月18日 (金)

POLYTOUR SPIN タテヨコ色違い

POLYTOUR SPINのブルーが半張り分余ったので、ブルーをメインにピンクをクロスに張って見ました。
Dsc_0074_2
当然ながら2本張りで、クロスはトップから張りました。
テンションは48Lbs、DT値は35
クロスのテンションは10本目から落とし始めています。

見た目は思ったより派手ではなかったです(見た目が良いのか悪いのかはよく分からん)
( ̄Д ̄;;

POLYTOUR SPINとPOLYTOUR PRO打ち比べ

POLYTOUR SPIN(ピンク)とPOLYTOUR PRO 125(イエロー)を打ち比べました。

テンションは両方とも48Lbs、張り上がりのDT値は同じく36です。
ストリンギング・パターンも双方ユニバーサル・アラウンド・ザ・ワールド。

打感はPROの方が軽いと言うか、球離れが早い感じです。
なのでボールが潰れる前に出て行く感じかな。
逆に言えば、SPINの方がボールを潰す感があります。
私の好みの打感はSPINの方ですね。うーん……そうなると、今一番好みの打感はRAZOR CODE。
色々なラケットのカラーに合わせ易そうなRAZOR CODEのカーボンカラーも仕入れてみようかしら? しかし先立つものがなあ……(涙)

2013年10月16日 (水)

DT値

DT=ダイナミックテンション
DT値は、ラケットにボールが衝突している間に影響するガット面の硬さです。
DT値は、スウィートスポットのガット面を1cm反らせるのに必要なボールの力をキロポンドで示す単位です。
DT値は、ボールが当たったときのインパクトを電子的に再現すること(振動)によりERT300テニスコンピューターで測定されます。
ラケットタイプ、ラケットサイズ、ストリングパターンやガットの特徴のようなすべての影響要素は、自動的に計算されます。(以上、取扱説明書より抜粋)

DT値の目安は、28〜34でクラブプレーヤー(守備的)、35〜41でクラブプレーヤー(攻撃的)〜女子プロ、42〜46で女子プロ〜男子プロ、47〜で海外男子プロと言う感じのようです。

取扱説明書にDT値28以下では使用しないで下さいとありますが、ゆるゆるガット使用で強い方もいらっしゃいますのでこれは(?)かな。でも張り上がりDT値より20%減(出来れば10%減)で張り直しには、賛成です。

2013年10月13日 (日)

POLYTOUR SPIN ブルーとピンク打ち比べ

と言う事で、POLYTOUR SPINのブルーとピンクを打ち比べてみました(^ ^)v

ちなみに
マシンテンションは共に48Lbs
DT値(ダイナミックテンション)はブルーが34、ピンクが36
Lbsに換算すると3Lbsの差のようです。

ストリング面をポンポンと叩いてみますと、やはりピンクの方が高い音がします。
また、面を触ってみると、ブルーの方がザラザラしています。
私は印刷関連の仕事を長くしていたので、ブルー系の顔料の粒子が粗い事を知っていたりするのですが、その関係なのでしょうか? 興味深いです。

さて、打感の方ですが、私には違いが全く分からないレベルで、飛びも感触も同じように感じます。
DT値を同じにするには、どちらかを3Lbs変えて張り上げる必要がありますが、そうなると打感は違うものになると思われます。
そういえば、面圧で管理しているテニスショップさんがいくつかありますが、それってどうなのかな? と疑問に思う結果となりました。

2013年10月12日 (土)

POLYTOUR SPIN ブルーとピンク

Dsc_0063
Dsc_0064_2
YONEX POLYTOUR SPINのブルーとピンクを張りました。

触った感じはブルーの方がザラツキ感が強く、ピンクの方がすべすべしています。また、ブルーの方が角が立った感じがしますし、気持ち硬いような気がします。

両方とも48Lbsで張り上げ。
DT値はブルーが34、ピンクが36となりました。

ピンクの方が硬く張り上がり。
うーん、顔料の違いでこれだけ差が出るんですかね、勉強になります。

2013年10月10日 (木)

LAFINOさん【YONEX】EZONE AIシリーズ インプレッション - YouTube

リンク: ▶ 【YONEX】EZONE AIシリーズ インプレッション - YouTube.

LAFINOさんのラケットインプレッション!

インプレ・メンバーはLAFINOのFukkyさん、YONEX美人営業のヒラトッティさん、クレールインドアの高石コーチ

お暇な時に見て下さい。
でも公衆の面前で噴き出し笑いしないようにね。注意が必要です(^-^;

続きを読む "LAFINOさん【YONEX】EZONE AIシリーズ インプレッション - YouTube" »

2013年10月 9日 (水)

ガットの緩み

2013年7月12日に張ったKさんのPOLYTOUR SPIN(EZONE Xiに張り上げ)ですが、10月7日にお会いした時にDT値を測りますと27。9月28日に同じ50Lbsで張った物は34でしたので(7月12日時点では、テニスコンピューターは手元に有りませんでしたので未計測です)、結構落ちています。
ポリのテンションはずーっと落ち続けると言われているように思うのですが、どうもそのようですね。

10月26日に使用予定との事ですので、なるべく直近に張り上げたいと思います。
今度はピンクカラーですよ! 乞うご期待(笑)

2013年10月 6日 (日)

Wilson SIX.ONE 95+AK PRO 16

SさんのWilson SIX.ONE 95にGOSENのAK PRO 16を張りました。
Dsc_0060
土曜日、スクールで打っている時に切れたと電話が。
以前に張ってあったのはエクセル、ボックスのかなり撓るフレームに、むちゃくちゃホールド感の高いエクセルって、相性悪いような気がするのですが……

ガットはお任せとの事なので、今回は撓るフレームに、しっかり感のあるAK PROを選択。
日曜日一緒にテニスをするので、さくさくっと張り上げ。

張りのパターンはボトムアップで、ショートサイド、ボトム2本。
タイオフホールに×印が付いていますね。そこでノットを作るにはショートサイドを偶数にする必要があります。反対側もホールは大きくなってるので拘らなければ、ボトム3本でも良いと思います。

テンションは52Lbs、DT値は45となりました。
結構硬めの張り上がりです。
Sさんは、結構ハードヒッターなので、丁度良いかも知れません。
本日一緒にテニスをしましたが、違和感無さそうに打たれておられました。

2013年10月 5日 (土)

日々雑感(4)バックハンドストローク・両手

私はバックは片手打ちなのですが、たまになのですが、デモストで両手打をします。
で、たまにしかやらないので、気付くのだと思いますが、非利き腕のフォアハンドの感覚では、上手く行かないことが判ったりするのですね。

何故かというと、両手で持つ事によって、スイングウェイトが変わることを、認識しているか否かによると思うのです。つまり感覚のずれですね。同じ物を持っているのだから、同じ感覚で振れる、打てるという先入観?

私の感覚なのですが、グリップエンドを片手で持っている分には、例えば腕時計とリストバンドを付けて振っても、重いとは感じる人は少ないと思うのですね、いかがでしょうか?
しかしながら、バックハンドストロークは、力点である非利き腕で握っている場所がグリップの上部であり、更に利き腕でグリップエンドを握っています。
と言う事は、短く持った上に、グリップエンドにかなりのウェイトを乗せた事になる訳です。
この、かなりスイングウェイトが軽くなって、短く持ったラケットを、片手で長く持ったラケットと同じ感覚では、振り得ないということなのです。

短くて軽いラケットに、パワーを与えるのは、確かに非利き腕を使いますが、小さく鋭く振る必要があります。そうしますと、両手打のバックハンドはグリグリのトップスピンには、あまり向かないと言う事になりますね。
なので、ナダルは、フォアはグリグリのトップスピンを打ちますが、バックは、フラットドライブで打つのだと思われます。
しかるに、左の内踝の動きは、フォアより小さく鋭く動かす必要があると言う事ですね。
こんな拙い文章で、分かってもらえるでしょうか?

でも、似ていて非なる、片手打フォアハンドと両手打バックハンド、なのだと思います。

2013年10月 4日 (金)

オーバーグリップ

Dsc_0057
オーバーグリップを仕入れました。
何と30本巻き( ̄Д ̄;;
取り敢えずラケバに入れて持ち歩いていますので、見たい方はテニスコートでお会いした時にでも(笑)

欲しい方は、その場にて1本200円でお分けいたします。

2013年10月 3日 (木)

ストリングカッター

Dsc_0056
ホームセンターをブラブラしていたら、見つけたのがこちら。
Birmy Japan社製の鋏(日本製)。
ガット切るのに使えるんじゃね? と思って買って見ました。
薄い金属板も切れる訳で、切り心地はなかなか。

今まではニッパーでチマチマ切っていたので、買ってよかったと思える代物でした。

2013年10月 1日 (火)

POLYTOUR SPIN(ピンク)

Dsc_0053
Kさんご希望のYONEX POLYTOUR SPIN(ピンク)ロールを仕入れてみました。

なかなかお洒落な色です。顔料が異なると打感も変るようですのでブルーと打ち比べてみようかしら(^o^)

ブルーはもう1張りしたら終わりそうなので、
POLYTOUR SPINの在庫からの張り依頼は当面ピンクのみとなります。
よろしくお願いします。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

フォト
2022年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット