« 最近のガット張り(その2) | トップページ | Twitter »

2014年2月25日 (火)

ダイナミックテンション値の比較

自分のラケットに色々張って見たダイナミックテンション値(DT値)の比較です。

ラケット:YONEX VCORE Xi 98
マシン:ディアナSP PRO
パターン:U-ATW(ショートサイト・クロス2本)
テンション:50Lbs

ストリングス:YONEX POLYTOUR SPIN
DT値:36
ストリングス:Tecnifibre RAZOR CODE 125(ブルー)
DT値:36
ストリングス:YONEX AERON SUPER 850
DT値:38
ストリングス:BaboraT Addiction 125
DT値:37

Addiction 125はゲージの関係で、ガットの重さが軽い。なので、スイングウェイトが軽くなっています。そのぶん130ゲージよりシャープになっているとは思うのですがどんな感じかな。130ゲージは飛ばないなあという印象でした。日曜日に打って見ますので、インプレはその時に。

« 最近のガット張り(その2) | トップページ | Twitter »

ガット張り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイナミックテンション値の比較:

« 最近のガット張り(その2) | トップページ | Twitter »

フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット