« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

4月29日のガット張り

Sさんから電話。
「ガットが切れた! しかも2本とも」
と言うことで、16時15分にピックアップ。
18時30分にお渡ししました。 

ラケットはウイルソンとプリンス

プリンス グラファイト オーバーサイズ(懐かしい)
ストリング:ゴーセン ミクロスーパー16(何でも良いので安いのという事で)
パターン:U-ATW(ショートサイド・トップ2本)
テンション:55lbs
DT値:38
もう少し硬くても良かったか? でも、ラケットもヘタっているだろうし、難しい所。

ウイルソン プロスタッフ SIX ONE 95
ストリング:ゴーセン AKプロ16
パターン:U-ATW(ショートサイド・トップ3本、ボトムは1つ手前)
テンション:52lbs
DT値:40
前回は同じテンションでゴーセン張りで張ってDT値は42
パターンでDT値って結構変るのですね。
これで飛び過ぎるようだと、次回は55lbsかな?

2014年4月26日 (土)

本日の営業(4月26日)

4月26日、本日所用のため、

営業を12:00まで

とさせて頂きます。

よろしくお願いします。

2014年4月25日 (金)

リターン

今日の練習の中で、リターンで試みた事。
それは、フォアハンドのリターンで、横に払う。

今までは、ストロークをコンパクトにしてみたり、コンチネンタルにして、ブロックリターンをして見たりしていたのですが、

ああもしかして、肩越しから上の高い打点のフォアハンドで、横に払うスイングをリターンに取入れてみたら良いんぢやない? と思い、やって見ました。

このリターン、私には合いますね。胸から肩あたりの高さのボールをコンパクトに横に払ってあげると、良い感じでリターン出来ました。
チャンボは前に詰めながら打ちますが、それを待ってする感じに近いのか?
ボキャブラリー少なっ……伝わりにくくてご免なさい。

2014年4月24日 (木)

DUNLOP BIOmimetic 200

本日、また珍しいパターンのラケットを張りました。

DUNLOP BIOmimetic 200

このラケットはメイン18本、クロス20本
で、ブリッジは8本なので、メインがボトムで終わるパターン。
そこまでは普通なのですが、スキップホールが、トップが2ヶ所でボトムが1ヶ所
このパターンは初めて見ました(汗)

で、張ったパターンは、ユニバーサル・アラウンド・ザ・ワールドの、ショートサイドのトップ側、クロスを3本。
ロングサイドのアラウンド・ザ・ワールドをクロスの一番下に回し、
ロングサイドのクロスを4本目から張り下ろしました。

良い感じで張れたので、一安心。

2014年4月23日 (水)

5月の営業予定(改3)

張り代
一般:1,700円(税込)  学生:1,200円(税込)  

5月の営業予定(改訂)です。

基本は、営業時間:7時30分〜18時30分(お昼休み有り、お昼にご用の方は事前にご連絡お願いします)18時30分以降来社される方も事前にご連絡ください。

e-mail:tto.tanukichi@gmail.com
携帯:090-4733-0056

月・火・木はお休みです。但し、19時30分以降であれば、受付とお引き渡しは可能です。
ご希望の方は、上記メールか携帯にご連絡ください。

5月6日(火・祝)はテニススタジオ川口にて8時30分〜12時で動画撮影のため、この時間+1時間ほど外出しています。
5月17日(土)もテニススタジオ川口にて動画撮影のため一日中お休みです。

5月18日(日)は北区・中央公園で12時〜14時「テニスチーム・コロボックル」の練習会をしています。前後30分ほど外出しています(雨天中止)。

5月25日(日)・31日(土)・6月1日(日)・7日(土)・14日(土・予備日)は板橋区テニス協会のテニス教室で9時〜13時、加賀庭球場でコーチングをしています(雨天中止)。

参加希望の方はこちら(板橋区テニス協会ホームページ)をご覧下さい
http://members3.jcom.home.ne.jp/ita-tennis/index.htm

wilsonのラケットのガット張り

wilsonの多くのラケットは、ガットがフレームの直ぐ側まで張られるようなパターンになっています。
なので、スキップホール(メインを張る時に、クロス用に飛ばすホールのこと)が8ヶ所(通常は4ヶ所)あります。
また、トップ側のガットのパターンが密になっているので、ショートサイドのメインを1本にすると、ロングサイドをアラウンド・ザ・ワールドして、クロスの2本目に回した時に、ガットがフレームの外側の凄く細い所に乗る事になり、フレームの陥没が心配されます。
ボトム側は目が粗いので1本手前で回してもそんなに細い所には乗らないのですが。

今回、ショートサイドのクロスを3本にしてみた所、外側のガットの納まりが良い感じになりました。
この手のラケット、暫くはこの張り方で張って見るつもりでおります。

2014年4月18日 (金)

フォルクル パワーブリッジ8 ガット張りの動画

フォルクル pb8にガットを張っている動画を撮影して、編集しました。

Mさん、こんな感じで張っています。
かなり良い感じに張れましたよ。
日曜日にお渡ししますので、打った感想などお聞かせ下さい。

動画へのリンク ↓
http://youtu.be/IDnrIhjeysI

2014年4月12日 (土)

フォルクル パワーブリッジ8

本日、Mさんから、張りの依頼を受けました。

ラケットは
フォルクル・パワーブリッジ8

前回お張りしたのは去年の11月

ガットはブリオ130

テンションは45Lbs
DT値は34でした。

現在のDT値は30です。

テンション低下率は12%

通常20%位になるのに

ブリオのテンション維持性って高いんですね。


このラケット、ストリングパターンは16×18で、
ブリッジが8本。
故に、メインがトップで終わります。

4月20日にお渡し。
私は19日がゴルフコンペ。
なので18日にお張りしようと思います。

少し珍しいパターンなので、動画を撮影したいと思っています。
編集が完成したら、アップします。

縦ナチュラルのその後

3月16日に張った、縦=トニック+ 横=レーザーコードのその後
5日間(10時間)使用したガットの映像です。

4_12

縦ナチュラルには全く毛羽立ちが見られません。
まだまだ使えます。

私は、そんなにぐりぐりスピンを掛ける打ち方では有りませんが、
そこそこのハードヒッター(のはず)
これは、ライフはかなり長い!

2014年4月11日 (金)

骨盤のコントロール

本日はナイターにて、テニスの練習オフ会。

今回の私のテーマは、

内踵を使って、仙腸関節(骨盤の仙骨と腸骨を繋げている関節で、ぎっくり腰はここを痛める)を動かす事により、骨盤の旋回をコントロールする。

です。

でもって「うねり(手塚一志さんのぱくり)」を引き出したい。
さて、上手く行くか?

追記
で、やってみました。
先ずはフォアのストローク
内踵を倒してから捻る事で仙骨を動せる体勢で、ボールを待っていると、時間が出来ます。
ほんの3〜40センチ位なのですが、ボールを呼び込めるのです。
いい気になってサーブを打っていたら、右仙腸関節が痛くなってきた。
こっち側は痛めた事がない。でも、痛くなってきたと言う事は、使えている証拠か?
元々、あまり動かさない関節。
じっくり使えるようにして行きますかね(^o^)v

2014年4月10日 (木)

TTOのfacebookページ

TTOのfacebookページを立ち上げました。

いいね! をして頂ければ幸甚です。

facebooされている方であれば、営業予定など、スマフォや携帯で見るには、こちらの方が良いかも

https://www.facebook.com/tto.tanukichi   

2014年4月 8日 (火)

バボラのピュアドラ

バボラのピュアドラは、そこそこ張る機会があって、張りのパターンを幾つか試してみました。

で、結局、通常のユニバーサル・アラウンド・ザ・ワールドで、ショートサイド・クロス、トップ2本パターンで張るのが良いようです。

ショートサイド・クロスのトップを1本にすると、ロングサイドのクロスへの折り返しが、小さな4の字になる。それがなんとも嫌なのです。

フレームの陥没が心配なのですね。
やっぱり、2本の方が自分的には安心感がありますね。

ロングサイドのクロスのタイオフは、メインの6本目になるので、取り回しが長くなります。
テンションロスが多くなりますので、タイオフはオールを使用して、緩みを取って作業することにしました。
これは、オールを使用することによる、グロメット、フレーム、ガットに掛かる負担よりも、オールを使ってテンションロスを無くす方を選んだという訳です。

2014年4月 7日 (月)

通常ゴーセン張りはしないと思います

本日、スクールの方で、スキップホール2×4の8ヶ所あるラケットを張りました。

パターンは
ユニバーサル・アラウンド・ザ・ワールドのショートサイド1本を
トップ側の一番上のクロスに張り、タイオフ。
ロングサイドはクロスの下から2番目を通してアラウンド・ザ・ワールド
クロス2本目から張り降ろして行きました。

ロングサイド・クロスは中央から、2本毎に−1lbs
クロスの下から3本目は、テンションを10%プラス。
最後にクロスの一番下を張ってタイオフ。

かなり良い感じで張れたので、ボトムアップの指定が無い限り、TTOではトップ側からクロスを張り降ろして行くパターンで張って行こうと思います。

TTOで張る機会がありましたら、動画を撮影したいと思っています。

2014年4月 1日 (火)

16×18でメインがトップで終るパターン

本日、スクールの方で、メイン16本×クロス18本でメインがトップで終わるパターンのラケットにガットを張りました。

通常、このパターンのラケットは丸い形のラケットが多いのでよね。
で、ワンビースで張る時は、ゴーセン張りをひっくり返したパターンで張るのですが、これまで、ショートサイドを先に張ってからロングサイドを張り降ろしていたのですが、トップが太る傾向にありました。

今回、ゴーセン張りと同じようにロングサイドを5本張り、次にショートサイドを3本張ってタイオフ。
で、ロングサイドを張り終えるパターンで張って見ました。

これは、ロングサイドのクロス4本目から8本目までを先に張ってしまうことで、変形をある程度抑えてしまってから、トップを仕上げれば変形が少なくなるのではないかと考えたからです。

張り終わって、サイドサポートを緩める時、するするっと開きました。
変形がかなり抑えられている感じです。

もう少し、他のラケットで試して見たいと思っています。
でも、この張り方はこの手のラケットには良いパターンかも知れません。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

フォト
2022年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット