« スキップホールが8ヶ所のトップ・ダウン(アラウンドザワールド) | トップページ | 通常ゴーセン張りはしないと思います »

2014年4月 1日 (火)

16×18でメインがトップで終るパターン

本日、スクールの方で、メイン16本×クロス18本でメインがトップで終わるパターンのラケットにガットを張りました。

通常、このパターンのラケットは丸い形のラケットが多いのでよね。
で、ワンビースで張る時は、ゴーセン張りをひっくり返したパターンで張るのですが、これまで、ショートサイドを先に張ってからロングサイドを張り降ろしていたのですが、トップが太る傾向にありました。

今回、ゴーセン張りと同じようにロングサイドを5本張り、次にショートサイドを3本張ってタイオフ。
で、ロングサイドを張り終えるパターンで張って見ました。

これは、ロングサイドのクロス4本目から8本目までを先に張ってしまうことで、変形をある程度抑えてしまってから、トップを仕上げれば変形が少なくなるのではないかと考えたからです。

張り終わって、サイドサポートを緩める時、するするっと開きました。
変形がかなり抑えられている感じです。

もう少し、他のラケットで試して見たいと思っています。
でも、この張り方はこの手のラケットには良いパターンかも知れません。

« スキップホールが8ヶ所のトップ・ダウン(アラウンドザワールド) | トップページ | 通常ゴーセン張りはしないと思います »

ガット張り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 16×18でメインがトップで終るパターン:

« スキップホールが8ヶ所のトップ・ダウン(アラウンドザワールド) | トップページ | 通常ゴーセン張りはしないと思います »

フォト
2022年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット