« ジュニアのレッスン | トップページ | BabolaT earo Pro Light »

2014年8月 1日 (金)

wilson (K)FACTOR

wilson (K)FACTOR+バボラ・アディクション125を50lbsで。

今回はユニバーサル・アラウンド・ザ・ワールドのショートサイド・クロス1本パターンで張って見ました。
トップ側のメインからクロスへのストリングの折り返しは問題ありませんでした。
ロングサイドのボトム側のクロスは1本上で。
クロスの16本目と最終18本目はテンションを10%アップ。
クロスのテンションは9本目から徐々に落として張りました。

ラケットの変形は殆んどありませんでした。
次回もこのパターンで張って見ようと思います。

« ジュニアのレッスン | トップページ | BabolaT earo Pro Light »

ガット張り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: wilson (K)FACTOR:

« ジュニアのレッスン | トップページ | BabolaT earo Pro Light »

フォト
2022年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット