« ジュニアのレッスン | トップページ | 10月の営業予定 »

2014年9月16日 (火)

スリクソン REVO V 3.0 TOUR+スパイラル130

スリクソン REVO V 3.0にスパイラル130を50lbsで張りました。
マシンはES5。

このラケット、メイン16×クロス19でブリッジが6本なのですが、スキップホールが2ヶ所ずつ有ります。
Wilsonに良く見るパターンです。
Wilsonと違うのはストリングホールがフレームと直角ではなく、ストリングが真っ直ぐになるようになっていることです。
ですので、U-ATWパターンを採用しましたが、Wilsonではショートサイドのクロスを3本取っていたのを、今回は2本にしました。
ATWは1本手前の18本目で。

クロスのテンションは6本目までプラス1lbs。その後徐々にテンションを落として張りました。
上手く張れたと思います。

« ジュニアのレッスン | トップページ | 10月の営業予定 »

ガット張り」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。初めてコメント致します^^
自分が使用しているレヴォv3.0tourを検索していたら、この記事を見つけました。
なかなかしっくりくる張りにならないので、もう違うラケットにしようかと思ってますが、
記事中の
「クロスのテンションは6本目までプラス1lbs。その後徐々にテンションを落として張りました。」
に食いつき、もしかしたらそれがしっくりこない原因なのかと思い、質問しようと思いました。
上記テンション操作は、クロスの方が高くなりますが、そっちのほうがこのラケットには合ってるのでしょうか?
徐々に落とすと逆にクロスが低くなるのでしょうか?
ちなみに、現在はメイン50,クロス48でナイロンを張ってます。
お手空きの時にでも、出来る範囲で結構ですので、ご教授いただければうれしいです。よろしくお願い致します。

コメントありがとうございます。
クロスのテンション操作についてのお答えです。
どのようなラケットもメインを張った時点で横に広がるように変形します。
それをクロスを張って行いきながら原型に戻して行く訳です。
ラケットの構造はカーボンチューブをU時にして、2本束ねてクリップ部を作り、スロートにブリッジを渡してフェイスを作るのが一般的です。
また、ラケットのフレームはトップが硬く、ボトムが柔らかく作られています。
クロスを上から張り下ろした場合、一番膨らんだ所がトップで、一番縮んだ所がボトムとなります。
ガットはクランプが1mm滑ると5lbs落ちるとも言われていますので、フレームが1mm戻れば5lbsテンションが落ちる事になります。
また、ガットは張った直後から緩んでいきますので、なおさら先に張ったテンションが落ちます。
面圧はガット長が短い方が高くなりますので、トップから数本はテンションを落とさずに張って、私の場合は残り3分の2になった所から0.5lbsずつテンションを落としています。
ですので、最終的に6lbs位落とすことになります。
ラケットの個性によって変形の戻り方が違うので、REVO V3.0tourはクロスを1lbs高くして張り始めると、張り終わりの変形が一番小さかった、と言うことになります。
テンションは変えていますが、変形が無いと言うことは、張って行くなかでトップ側のテンションが落ちて、結果テンションが均一になったといえるのだと思っています。

お忙しい中、ご回答ありがとうございます(泣)
プリントアウトしてじっくり拝見させてもらいました。
素人ですが、そんな私でも理解できる分かりやすい説明でびっくりです。

今までのテンション指定だと、トップ部分が膨らんで緩い(この表現が合ってるかどうか微妙)かったということですね。
さきっちょに当たったときの頼りない感じとフレームのビリビリ感はここに原因があるのかもしれません。

早速ですが、ご指摘とおりで一度張り替えてみます!

蓄積された経験を、惜しみなく解説して頂き、本当にありがとうございます!!

ほかの記事も、じっくり見させて頂きます。

これは弊社のマシンで私がナイロンを張った場合で、他のマシンで他の方が張ると異なる場合もあると思います。
下から張り上げるゴーセンパターンは柔らかい所を先に張って硬いトップを後に張ることによって、テンション操作をあまりしなくても変形が少ないということから考え出されたパターンです。
でも、上から張ると変形のストレスはシャフトに逃げてくれるのに対して、変形のストレスはトップ側に凝縮されていきます。
それを少しでも逃がせるようにボトムの2〜3本を張らないでおいているのですが、私はやはりトップ側のストレスが抜け切らないのが嫌なので、あまり下からは張りません(バボラを除く)です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593938/60323346

この記事へのトラックバック一覧です: スリクソン REVO V 3.0 TOUR+スパイラル130:

« ジュニアのレッスン | トップページ | 10月の営業予定 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット