« レッシュ4スタンス | トップページ | 自分とテニスとガット張り »

2014年10月 9日 (木)

運動連鎖を考える

このところ運動連鎖について考えています。

通常、テニスにおける運動連鎖は、下から上にと言われていると思います。
これは、先端を速く振るのには適していると思います。
なので、サーブはこの運動連鎖が合っている。

しかし、私はストロークやボレーを小さなテークバックから、重いインパクトにしたいと思っているのです。

そこで、運動連鎖を逆さまにして見ることに。

上から下へを意識する。
初めはゆっくりと、手→肩→腰→脚と重さを乗せて重ねて行くように力を加える。
そうすると、手の平にギューっと力が集まってくるのが分かる。

これが分かってきたら、その連鎖を速くして行く。
すると、手の平に重い力が伝わります。
そして、叩くと言うより、潰すインパクトになります。

テニスの実戦ではまだまだ上手く行きませんが、自分の重さを手に上手く渡せるように意識。
これが出来ている時は、速いボールにもラケットが当り負けしません。
しかも、手は置いておく感じなので、テークバックも小さくて済みますしね。

まだまだ奥が深い「庭球道」、やってもやってもキリがないなあ……
まあそれだから、楽しいのですけれどね。

« レッシュ4スタンス | トップページ | 自分とテニスとガット張り »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運動連鎖を考える:

« レッシュ4スタンス | トップページ | 自分とテニスとガット張り »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット