« aero Pro Driveをハイブリッドで張る | トップページ | フォアハンドのリストコック »

2015年5月21日 (木)

Wilson STEAM105Sに4Gを張る(その2)

TさんのSTEAM105S、前回53lbsで張ってDTが33。
もう少し面圧上げたいなとブログに書いたところ、それをご覧いただき、もう一本のSTEAM105Sをお持ちになり、テンション上げて張ってくださいとのこと。
Dsc_0223
ということで、今回は、
ストリング:前回と同じ4G125
パターン:前回と同じUKRSA-ATW
テンション:57lbs

DTを35位にしたいですね、とお話ししていたのですが、実測値35、バッチリです。
前回はトップ側が少し膨らんでいたので、今回はトップ側を2lbsアップで張り、前回より1本手前からテンションを落して行きました。
こちらも、変形もなく、バッチリです。

お使いになった感想など、お聞かせいただけると嬉しいのですが……

« aero Pro Driveをハイブリッドで張る | トップページ | フォアハンドのリストコック »

ガット張り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wilson STEAM105Sに4Gを張る(その2):

« aero Pro Driveをハイブリッドで張る | トップページ | フォアハンドのリストコック »

フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット