« 8月の営業予定 | トップページ | 7月31(金)の営業 »

2015年7月28日 (火)

ガットが切れた時

Yさんがガットが切れたとおっしゃって、張り替えに見えました。

ラケットを見ると、メインのガットが1本切れたままお持ちになりました。
これだと、テンションが偏って、大分フレームが変形したままだったのだろうなと思われます。フレーム君可哀相……。

皆様、ガットが切れた時は、最低限、真ん中のメインとクロスの2本ずつ、その交点を2本一緒に切ると、一度に均等にテンションが抜けるので、是非やってもらいたい事なのです。

その後、時間があれば、縦横、均等に全て切って頂ければと思います。
尚、ガットは外さずに切ったままお持ちいただければ、打点や、すり切れ方などで、プレースタイルやパワー等が分かるので助かります。

Yさん、ボールを打った跡が、以前より大分ラケットの上方に移動していました。
「トップスピン掛けるようになったんですね」って言ったら、「トップスピンの練習しています」との事で、「何で分かるんですか?」っておっしゃいました。
分かるものは分かるのですよ(笑)

« 8月の営業予定 | トップページ | 7月31(金)の営業 »

Tennis」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガットが切れた時:

« 8月の営業予定 | トップページ | 7月31(金)の営業 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット