« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月24日 (木)

Wilson PRO STAFF 95をU-ATWパターンで張る

RさんのWilson PRO STAFF 95 100周年モデルにX−ONE BIPHASE124をU-ATWパターンで張っている所を動画に撮ってみました。

100周年モデル、カッコいいですね。

Wilsonのスキップホールが2ヶ所ずつあって、メインが下で終わるラケットは当面この張り方で張っていくつもりです。

2015年9月23日 (水)

10月の営業予定

10月の営業予定です。
10

2015年9月18日 (金)

wilson STEAM105Sの適正テンション

Tさんのwilson STEAM105Sに4G125を張りました。
Dsc_0234
張りのパターンはUKRS-ATW
テンションは59lbsと62lbs
フレームには57〜67lbsと表記されていますが、
wilsonのホームページを見ると、53〜63lbsってなっている。
http://www.wilson.co.jp/product/contents/w-tennis-racket/WRT715520x.html
どっちが正しいの?
とりあえず、63lbs以上で張るのは止めておこうと思います。

Sラケにガットを張るのは大分馴れたので、バランス良く張れました。

2015年9月14日 (月)

YONEX REGNAにガットを張る

2本のYONEX REGNAにMULTI-SENSA130を張りました。
Dsc_0234
このラケットにガットを張るのは3回目。
クロスのテンションを調節してきましたが、今回ベストのバランスが出せたと思います。
なので、打感も良いはず。
木曜日にお渡しするので、Fさん楽しみにしていてね(笑)

2015年9月13日 (日)

9月22日(火)休業

9月22日(火)はスクールの動画編集が間に合わないためにTTOは休業とさせて頂きます。

よろしくお願いいたします。

2015年9月 6日 (日)

SIX-ONE95をU-ATWパターンで張る

TさんのSIX-ONE95にMICRO SUPER16をU-ATWパターンで張りました。
Dsc_0234
前回はATW-Parnellパターンで張ってみたのですが、やはり面倒くさいので、U-ATWパターンを採用。
このラケットにU-ATWパターンで張るときは、ショートサイドのクロスは2本。ショートサイドをクロスに回した所でスタクラでクランプ。
ロングサイドをアラウンドザワールドさせてクロスを張りタイオフ。
ショートサイドのスタクラを外しトップのクロスを張って完成です。
ロングサイドのアラウンドザワールドは一番下でクロスに回しますが、ストリングガイドがあるので、良く見てから、ストリングを押さえてテンションを掛けます。今回は左右ともガイドの下側にストリングが来るように押さえてテンションを掛けました。
クロスの下から3本目がタイオフホールとなっていますが、一番外のメインとの距離が近いので、クロスのストリングがメインの上に乗っかっている方がタイオフしやすいので、クロスは上→下の順番でレーシングしました。
やはりU-ATWパターンの方が張りやすい(笑)

2015年9月 3日 (木)

PURE DRIVE 2012のグロメット交換

KさんのPURE DRIVE 2012のグロメットを交換しました。

先ずは古いグロメットを外す分けですが、抜け防止やタイオフで広がっているグロメットをニッパーで切断します。
後はフレームから引き抜いて行きます。
そして、キッチンペーパーに無水アルコールを含ませてフレームを掃除。

グロメット交換パーツはこんな感じ。
Dsc_0235
まずブリッジのパーツをはめて、
次にサイドの下のパーツを長い方から順番にはめて、
オールでホールを差してフレーム内側の穴に誘導し、
セッティングオールでフレームの外からグロメットを押して、
フレームから完全にグロメットが出るようにします。
Dsc_0236
次にトップのバンパーの左右をオールで差して仮止めします。
トップ用のグロメットを真ん中から左右にはめて行きます。
何ヶ所かはまったら仮止めしていたオールを抜き、
オールとセッティングオールを使いながら貫通させて行きます。
左右のパーツはタイオフホールのある方が下になります。
上下間違わないようにして上から下に向かってはめて行きます。
セッティングオールを使ってしっかり押し込んで完成です。
Dsc_0237
交換に使ったツール達。

2015年9月 2日 (水)

テニスの教え子(ジュニアレッスン)

火曜日のジュニアクラスのレッスンを受け持って三周目。
どんな教え方しようかなあと迷っていたのですが、そう、思うようにやってみようという決断に至りました。
私の教え方は、仲間内から言わせると源泉垂れ流し(掛け流し?)と言われている不器用な教え方です。
そんなことで、あまり方法が変えられないのですが、出すもの出して、反応をみて、試行錯誤して行きたいと思います。
それはさて置き、一番嬉しいのは、「楽しかった?」と聞くと、「うん、楽しかった」と笑顔で答えてくれる教え子たち、ほんわかしてしまう私なのであります。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

フォト
2022年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット