« PURE DRIVE 2012のグロメット交換 | トップページ | 9月22日(火)休業 »

2015年9月 6日 (日)

SIX-ONE95をU-ATWパターンで張る

TさんのSIX-ONE95にMICRO SUPER16をU-ATWパターンで張りました。
Dsc_0234
前回はATW-Parnellパターンで張ってみたのですが、やはり面倒くさいので、U-ATWパターンを採用。
このラケットにU-ATWパターンで張るときは、ショートサイドのクロスは2本。ショートサイドをクロスに回した所でスタクラでクランプ。
ロングサイドをアラウンドザワールドさせてクロスを張りタイオフ。
ショートサイドのスタクラを外しトップのクロスを張って完成です。
ロングサイドのアラウンドザワールドは一番下でクロスに回しますが、ストリングガイドがあるので、良く見てから、ストリングを押さえてテンションを掛けます。今回は左右ともガイドの下側にストリングが来るように押さえてテンションを掛けました。
クロスの下から3本目がタイオフホールとなっていますが、一番外のメインとの距離が近いので、クロスのストリングがメインの上に乗っかっている方がタイオフしやすいので、クロスは上→下の順番でレーシングしました。
やはりU-ATWパターンの方が張りやすい(笑)

« PURE DRIVE 2012のグロメット交換 | トップページ | 9月22日(火)休業 »

ガット張り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SIX-ONE95をU-ATWパターンで張る:

« PURE DRIVE 2012のグロメット交換 | トップページ | 9月22日(火)休業 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット