« Wilsonの展示会 | トップページ | またしてもSPIN EFFECT »

2016年7月14日 (木)

BLADE98SにPOLYTOUR SPINをU-ATWパターンで張る

HさんのWilson BLADE98SにPOLYTOUR SPINをU-ATWのショートサイドクロス2本パターンで張りました。

SPIN EFFECT 18×16のラケットのクロスのテンションをどうするかの検証でもあります。
私が勤務しているテニスタの担当営業さんは特にこうしろという指示は出ていないとのことでしたが、18×20のラケットと同じに張ったら絶対に変形すると思います。

今回のHさんの指定テンションが比較的低目の46lbsだったので、いつもの張り方でクロスのテンションをどの位上げたら変形が戻せるか、やってみました。

過去のデータから、思い切って6lbsアップの52lbsでクロスを張って見ることに。
クロスのテンション操作は6本目から1本張る毎に-0.5lbsとしました。

張り上がったラケットは見事に変形が戻っていました。
ラケッティングしてみましたが、打感は非常に気持ちよい!でした。

ショートサイドクロス2本取りだと、ハイテンションの場合、ちょっとフレームの陥没が怖いかな?
次回は3本のパターンで張ってみようと思います。

ただしこれは私の環境でなので、同じようにして張られる場合は自己責任ということでお願いします笑

« Wilsonの展示会 | トップページ | またしてもSPIN EFFECT »

ガット張り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLADE98SにPOLYTOUR SPINをU-ATWパターンで張る:

« Wilsonの展示会 | トップページ | またしてもSPIN EFFECT »

フォト
2022年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット