« 2019/4/20のテニス(CX200とRPM Blast125の組み合わせ) | トップページ | フォアハンドストロークのワイパースイングについて »

2019年4月27日 (土)

CX200にRAZOR CODE(Carbon)125を緩ポリで張ってみた

ダンロップのCX200にテクニファイバーのレーザーコード(カーボン)125を35lbsで張ってみました。

Dsc_0113

打ってみた感想ですが、打球感はややしっとりした感じで、飛びはBRM Blast125よりも飛びます。

飛びということでいえばALU POWER125>RAZOR CODE125>4G SOFT125≧RMP Blast125になると思います。

RMP Blastはボックス系のラケットよりもピュアドラやピュアアエロのようなラウンド系の飛ぶラケットの飛びを抑えながらコントロールをアップするのに適したガットの印象です。

打球感の硬さはALU POWER125よりも柔らかく4G SOFT125よりも少し硬い感じです。

スピン性能は特段よくかかるとも、かからないということもなく、ポリとしては普通かな?

 

RAZOR CODE125の緩ポリとCX200との相性は中々です。

バボラのポリガットではブラストよりもプロハリツアーの方が合うのかな、でも在庫してない。

 

CX200にRAZOR CODE(Carbon)125は私の他に張る人がいないので、しばらくこれを使っていこうと思います。

ですのでガットインプレの記事は、しばらくお休みになるかと思います。

« 2019/4/20のテニス(CX200とRPM Blast125の組み合わせ) | トップページ | フォアハンドストロークのワイパースイングについて »

ストリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019/4/20のテニス(CX200とRPM Blast125の組み合わせ) | トップページ | フォアハンドストロークのワイパースイングについて »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット