« ALU POWER SOFT 125の37lbsを打った感想 | トップページ | Wilson PRO STAFF 97 CVにガットを張る(動画) »

2019年7月11日 (木)

シェアホール(縦ガットと横ガットが同じ穴から出る)があるラケットのガット張り

WilsonのBURN100にはシェアホールといって縦ガットと横ガットが同じ穴から出る所が下の方に2ヶ所あります。

そんなラケットにユニバーサル・アラウンド・ザ・ワールドでガットを張る動画を撮ってみました。

 

ガットはテク二ファイバーのTGV125を張っています。

このラケットは2本張りだとシェアホールの関係で、メインを止めるところが外から4本目とかなり遠くなってしまいます。

ですので、あまり格好良くない。

 

このラケットは、やはり1本張りが見た目に綺麗ですね。

機会が有ったらボトム・アップの1本張りの動画も撮ってみたいと思います。

« ALU POWER SOFT 125の37lbsを打った感想 | トップページ | Wilson PRO STAFF 97 CVにガットを張る(動画) »

ガット張り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ALU POWER SOFT 125の37lbsを打った感想 | トップページ | Wilson PRO STAFF 97 CVにガットを張る(動画) »

フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット