« 10月4日(日)は休業いたします。 | トップページ | Babolat PURE Aero VSに1本張りでガットを張る »

2020年10月 1日 (木)

DUNLOP EXPROSIVE SPIN17gのインプレッション

兼ねてから気になっていたDUNLOP EXPROSIVE SPIN17gを、マイラケットのDUNLOP CX200に張ってみました。

Dsc_0178

テンションはいつもの通り35lbsです。

張ったパターンはこれまた、いつものユニバーサル・アラウンド・ザ・ワールド。

ダイナミックテンションは28になりました。

同じテンションで張ったTOURが26でしたので、同じメーカーのポリストリングなのにずいぶんと違います。

 

張っている感じ、TOURよりも滑りは良くありませんね。

六角形の構造ですが、角はそんなに立っていないので、張りやすいです。

 

実際に打った感じは、かなりしっかりとした打球感です。

振動も大きめかな?

その分、ボールはしっかりと潰せます。

 

飛びは、そこそこ飛ぶといった感じで、私にとってはちょうど良い飛び具合でした。

スピンも必要なだけしっかりとかかってくれる感じです。

 

ボレーやスライスは乗せるというよりは、弾く感じの方が良いかな?

 

硬めのストリングなので、CX200のような柔らかいフレームのラケットをしっかりと振る人に向いているかな? と思いました。

CX200との相性は結構よいなと思います。

« 10月4日(日)は休業いたします。 | トップページ | Babolat PURE Aero VSに1本張りでガットを張る »

ギア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月4日(日)は休業いたします。 | トップページ | Babolat PURE Aero VSに1本張りでガットを張る »

フォト
2022年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebook

テニスオフ

他のアカウント

無料ブログはココログ

モーションウィジェット01

  • モーションウィジェット